「設備品」と「無償貸与品」の違いについて

 

賃貸の契約書では、「設備品」と「無償貸与品」といった言葉が出てくることがあります。
「設備品」は賃貸として貸し出す際の条件となっているもので、自然損耗や劣化で壊れた場合、
家主さんに修理義務があります。

79fe56db905ba6aab4d68c7597e169d2_s
一方、「無償貸与品」は家主さんのサービスや好意でついているもので、「よかったら使ってください」
程度の物。したがって壊れても家主さんに修理義務はありません。
一般的にはエアコンや居室照明、温水洗浄便座など。これらは契約によって「設備品」であったり
「無償貸与品」であったりしますので、契約の際には注意が必要です。
お部屋のエアコンが無償貸与品であった場合、エアコンの存在を決め手にして入居したのに、
すぐに壊れてしまった・・・。このような場合でも家主さんに修理義務はありません。